仕事をしない連中が職場でやること

仕事をしない連中が職場でやること

仕事をしない連中が職場でやること

私の職場に、

 

「我先に!」という感じで、

 

一番簡単な仕事を取る人たちがいます。

 

 

 

 

そいつらは、

 

「俺は仕事はしない!」と、

 

高笑いの毎日です。

 

 

 

 

私たちは

 

その連中の何倍も仕事をしていますが、

 

貰う給料は同じ金額。

 

頭がおかしくなりそうです。

 

 

 

 

簡単な仕事を少しだけやって一日を過ごす連中は、

 

いつも笑って過ごしています。

 

大爆笑の連続です。

 

 

 

 

一方、残ったすべての仕事をやって

 

疲弊している私たちは、

 

職場で笑顔になることは

 

ほとんどありません。

 

 

 

 

なんと理不尽な職場か。

 

 

 

 

でも、最高責任者が

 

「これでいい!」

 

というスタンスなので、

 

もう、これは、絶対に変わりません。

 

 

 

 

職場で、

 

「仕事はしない!」

 

と言っている連中、

 

みんな似たことをするようになります。

 

 

 

 

それは、

 

おとなしそうな人間を

 

「イビって遊ぶ」

 

ということ。

 

 

 

 

そりゃあ、そうでしょう。

 

 

 

 

そうなるでしょう。

 

 

 

 

仕事場で、

 

「仕事はしない!」

 

と宣言しているんです。

 

 

 

 

だから、やることがなくなる。

 

 

 

 

仕事をしている人たちは忙しいから、

 

そいつらの相手なんかしていられない。

 

 

 

 

相手にされなくなった

 

怠け者連中は何をするか?

 

 

 

 

仕事をしている人の中から

 

おとなしそうな人間を狙って

 

イビって遊ぶのです。

 

 

 

 

それも、

 

しつこくしつこくしつこくしつこく。

 

 

 

 

例えば、

 

嫌がることを言ったり。

 

仕事でミスすると、

 

いつまでもそれをネタにしてバカにしたりしています。

 

自分は仕事をしないんだから、

 

ミスもしないよねぇ・・・

 

 

 

 

うちの職場で

 

こいつら、きちがいか?と思うのは、

 

「おっさんが、おっさんのわき腹をつっついて喜ぶ」

 

こと。

 

 

 

 

これ、本当にうちの職場で起きていることです。

 

 

 

 

暇でしょうがないおっさんが、

 

仕事が多すぎて疲れている、

 

おとなしそうなおっさんのところに行って、

 

わき腹をつっついて喜ぶ。

 

 

 

 

しかも、しつこくしつこくしつこくしつこく。

 

 

 

 

私の外見も

 

おとなしそうに見えるらしく、

 

以前はしつこくしつこくわき腹をつっつかれました。

 

 

 

 

でも私は、

 

そいつらの奴隷ではありません。

 

 

 

 

最初は

 

「やめてくださいよ〜」

 

なんて言って

 

やんわり断っていたんですが、

 

しつこく続けてくるので、

 

今ではしかるべき態度をとるようにしています。

 

 

 

 

すると連中は、

 

私に対して

 

「あいつは冗談が通じない」

 

となり、

 

私を村八分状態にし、

 

次なるターゲットに

 

しつこくしつこく

 

嫌がらせを続けます。

 

 

 

 

これが、

 

私の職場でいう、

 

「楽しい職場」

 

なのだそうです。

 

本当に頭がおかしい連中が織りなす、

 

頭がおかしい世界です。

 

 

 

 

どんな人生を送るかは人それぞれですが、

 

こんな連中のような生き方は

 

私は絶対にしたくないので、

 

こいつらは無視してます。

 

 

 

 

結果、

 

私が

 

「職場での態度が悪い人間」

 

ということになっています。

 

 

 

 

それでも私は

 

自分が間違っているとは思っていない。

 

 

 

 

「仲間に入れてもらえるなら、

 

わき腹を突っつかれるのも我慢しよう・・・」

 

なんてみじんも考えません。

 

 

 

 

類は友を呼ぶという言葉がありますが、

 

確かに似たような連中が集まっている。

 

 

 

 

私がこの職場にいずらいのは

 

連中とは違うから。

 

 

 

 

これからも、

 

こいつらになじもうなんて思ってません。

 

 

 

 

もっと副業で稼げるようになって、

 

本業以上に稼げるようになろう。

 

 

 

 

こいつらとは

 

永遠にかかわらなくてすむ人生を実現させるために

 

ネットビジネスの勉強を

 

もっともっとしていこうと思います。

トップへ戻る