「人生、カネじゃないよ。」は間違っている!

「人生、カネじゃないよ。」は間違っている!

「人生、カネじゃないよ。」は間違っている!

多くの問題がお金で解決できます。

 

「金さえあれば・・・」

 

と思った経験があるでしょう?

 

 

 

 

お金がすべてだとは言いません。

 

しかし、

 

お金で解決できることが多いという事実。

 

誰もが認めることでしょう。

 

 

 

 

「人生、カネじゃないよ。」

 

これは、

 

お金をたくさん持っている人が言った時に

 

はじめて説得力を持つ言葉です。

 

 

 

 

お金でいろいろなことを解決してきたけど、

 

お金で解決できない問題も抱えている

 

という人が言うことなのです。

 

 

 

 

だから、

 

お金がないのに

 

「人生、カネじゃないよ。」

 

という人は、

 

現実逃避しているだけです。

 

 

 

 

お金が汚いものだと考えるのは辞めましょう。

 

その考え方は間違っています。

 

 

 

 

お金は人を救うものです。

 

お金で人助けができるのです。

 

生きていくために、

 

お金の良い面に目を向けなければいけません。

 

 

 

 

お金 = 贅沢をする

 

というようなことしか考えられない人は、

 

貧しい心の持ち主です。

 

 

 

 

お金 = 贅沢をする

 

というようなことしか考えられない人で、

 

お金がない人。

 

贅沢できないから、

 

「人生、カネじゃないよ。」

 

という落としどころをアピールしているだけ。

 

 

 

 

着地点が間違っています。

 

 

 

 

本当は贅沢をしたい。

 

でもカネがないから贅沢できない。

 

贅沢とは人生において無駄なこと。

 

贅沢するのは悪いこと。

 

だから、

 

贅沢という悪いことをしていない自分は

 

正しく生きている。

 

自分の人生はこれでいいのだ。

 

だから、

 

「人生、カネじゃないよ。」

 

 

 

 

そういう人は

 

お金を使ってできることを

 

もう一度考え直すべきです。

 

 

 

 

そもそも、人間は贅沢をしていいのです。

 

 

 

 

暑いときに冷房、

 

寒いときに暖房を点けるのは

 

ある意味、贅沢なのでは?

 

 

 

 

蛇口をひねれば

 

いつでもきれいな水が飲めるのも

 

贅沢なのでは?

 

 

 

 

自分が慣れてしまったことは贅沢じゃなくて、

 

自分がいまだできないことのみが贅沢だと考えるのは

 

ちょっと違いませんか?

 

 

 

 

人は日々お金について考えていくべきです。

 

 

 

 

お金を稼いで

 

金銭面で余裕ができれば

 

行動にも余裕ができます。

 

 

 

 

お金をたくさん稼ぐ方法を学ぶ。

 

そして、稼いだお金をどう使うのかを学ぶ。

 

人生において

 

とても重要なことです。

 

 

 

 

お金の文句ばかり言って、

 

お金は邪悪なものだと決めつけて、

 

自分は清貧を気取っていても

 

何も得はがありません。

 

 

 

 

清貧が悪いと言っているのではありません。

 

清貧こそが

 

「人生における最高の立ち位置」

 

だという考え方しかできないということが

 

問題なのです。

 

 

 

 

子供のころから

 

お金について正しく学ぶ必要があるでしょう。

 

いや、子供より先に

 

大人がお金について正しく学ぶ必要がありますね。

 

 

 

 

お金について正しく考える。

 

生きていくために、とてもとても重要なことです。

トップへ戻る